ギターを諦めたくない人のためのFコード完全攻略



いつの頃からかFコードは『ギター挫折理由No.1』と言われるようになりました。

 

確かに、Fコードを押さえるのは難しいです。

 

ただそれでも、1つ1つステップを踏んで練習していけば誰でも必ず押さえられるようになります。Fコードが押さえられるようになれば、ギターの楽しさは一気に広がります。

Fコードが押さえられないからと、すぐにギターそのものを諦めてしまうのは非常にもったいないのです。

 

このサイトでは、Fコードを押さえるのに必要な知識やコツを4項目に分け、多くの画像を使いながらFコードの攻略方法を解説していきます。

 

少しでも皆様のギターライフのお役に立てれば幸いです。

Fコード攻略のための4STEP!


step1、Fコードの仕組みにつて

Fコードを押さえる前にまずその仕組みを理解しましょう。

Fコードはなぜ難しいのか、Fコードはどんな音でできているのかなど、その仕組みを知ることで実際に押さえる時も楽にできるようになります。またここで得た知識は、全てのコードに応用することが可能です。

 

⇒【step1、Fコードの仕組みについて】

step2、Fコードの押さえ方について

Fコードの押さえ方にももちろんコツがあります。

コツを知っているか知らないかで攻略の速度が格段に違ってくるでしょう。文章だけではなかなか理解するのが難しいFコードの押さえ方のコツを、たくさんの画像を使い解説します。

 

⇒【step2、Fコードの押さえ方について】

step3、Fコードと握力について

Fコードを押さえられない理由として『握力が弱い』ということを挙げる方がいます。

ただ、Fコードは子供でも女性でもちゃんと押さえて演奏している方がたくさんいらっしゃいます。つまり、Fコード攻略に強い握力は必要ないということなんです。

どうすれば握力に頼らずFコードを攻略できるのか解説します。

 

⇒【step3、Fコードと握力について】

step4、Fコードと手の大きさについて

Fコードを押さえられない理由に握力と同じくらい言われるのが『手の大きさ』。

確かに鍛えられる握力とは違い、大人であれば手の大きさを大きくすることは出来ません。ただ、一般的に手が小さい子共や女性も多くの方が問題なくFコードを弾いているという事実もあります。

どうすれば手が小さくてもFコードが押さえられるのかを解説します。

 

⇒【step4、Fコードと手の大きさについて】